かに旅行|京都・丹後でカニが食べられるおすすめ宿 3選

美味しいカニを食べるために、かに旅行に行こうと考えているなら、京都にある丹後がおすすめです。この丹後で食べられるカニの名前を知っていますか?それは・・・

間人(たいざ)がにです。この間人がには、幻のカニと言われているブランドがにで、京都府京丹後市にある港で小型船5隻で水揚げされたズワイガニのことです。小型船5隻での水揚げのため水揚げ量が少なく幻のカニと言われています。間人漁港で水揚げされたズワイガニは、間人がにの証として間人がにのタグが付けられます。

カニの鮮度を優先するために、日帰り操業を行ない美味しいカニを提供できるように心掛けています。そんな幻と言われているカニを確実に食べることが出来る旅館・宿を紹介します。

炭平旅館(京都府京丹後市丹後町)

483-3
間人(たいざ)ガニのミソに日本酒を入れて蟹の旨味を引き出し、炭焼きした間人ガニのみをカニみそに付けて食べるのがおすすめの食べ方です。濃厚なミソの味と甘みの強い間人ガニがとてもマッチして病み付きに。ブランドがにというだけのことはあり、大人の贅沢なカニ旅行に最適な「 炭平旅館のかにプラン 」です。

ブランドがにの間人(たいざ)ガニのうまみを余すこと無く堪能することができる「 間人の料理宿 炭平 」。美食家と言われる舌の肥えた人たちも多く利用している炭平で本格的なかに料理を堪能して下さい。

レイクサイド琴引(京都府京丹後市網野町)

510-1
京都の丹後はなれ湖温泉で幻のブランドがにである間人(たいざ)がにのフルコースを思う存分味わいたいなら、水産卸直営の宿である「 レイクサイド琴引 」がおすすめです。豪華な旅館ではありませんが、新鮮でとにかく美味しいカニを食べたいという人に人気の宿です。

幻の蟹と言われている「間人がに」を贅沢に、お腹いっぱい食べたいのであれば、「 水産卸直営の宿であるレイクサイド琴引 」がおすすめです。カニ旅行で幻の蟹と言われる蟹をお腹いっぱい食べられる宿で人気が高く、リピーターも多い宿です。人気のプランは「 究極の間人蟹フルコース 」です。

琴のや(京都府京丹後市網野町)

499
日本海の海の味覚王である松葉ガニの「かに食べ放題プラン」がある京都府京丹後市の丹後琴引温泉にある「 絶景の夕陽に心癒される宿 琴のや 」を紹介します。宿の近くには間人(たいざ)漁港があり、この間人漁港で獲れたカニは間人(たいざ)がにとして全国でも有名なブランドがにです。

京都・丹後で松葉がにの食べ放題プランを探しているなら、琴のや旅館の「 かに食べ放題プラン(120分) 」がおすすめです。間人漁港が近くにあり、間人がにはちょっと高いから、近海と獲れた松葉がにをお腹一杯食べたいという人に人気のプランです。活き蟹さし、ゆでガニ、焼かになど食べ方色々で飽きること無く食べることができると人気があります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 富士急ハイランドに一番違いホテルで、富士急ハイランドオフィシャルホテルである「 ハイランドリゾートホ…
  2. 1991年のオープン以来、在日家で知られている元フランス大統領のジャック・シラク氏がヒイキにしている…
  3. 宿泊客の満足度がずば抜けて高い超人気宿で、伊豆半島の西海岸沿い位置する土肥(とい)温泉。この温泉地か…
  4. 老舗の雰囲気と料理に賞賛が集まる宿の伊豆・三津浜「 松濤館(しょうとうかん) 」。伊豆半島、駿河湾に…
  5. 富士山の眺めと立地の良さが人気の「 ホテルリゾート&レストラン マースガーデンウッド御殿場 」。20…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

話題をチェック!

  1. 杉乃井ホテルの豪華バイキングは食の祭典!

    「 杉乃井ホテル 」のバイキング会場です。私達はHana館に泊まったので、スギノイホール「ひかり」で…
  2. 札幌雪まつりまで徒歩圏内の札幌東急インホテル

    地下鉄すすきの駅から徒歩1分のところにある立地条件抜群の「 札幌東急イン 」。札幌駅とホテル間は無料…
  3. 湯船からの眺めが最高との呼び声が高い奥湯河原・結唯(ゆい)

    1日限定7組で、自然と一体化したかのような露天風呂が人気。とても静かな環境でゆったりとした時間を過ご…
  4. カップルにおすすめの全て貸切風呂のきんだいペンション|草津温泉

    温泉街から徒歩7分のところにある「 きんだいペンション 」。ホテルや旅館とは違い、ペンションなので今…
  5. 湯河原温泉 1日限定5組のリピーター続出のおやど瑞月

    リピーター続出の宿で、料理目当てで何度も泊まりにくる人が多い人気宿の「 おやど瑞月(ずいげつ) 」。…
ページ上部へ戻る