国内唯一の蟹料理名工の宿 よ志のやで間人がにを堪能!

冬の味覚である「かに」を食べる旅行に、京都に行くなら「蟹料理名工の宿」として高い評価を得ている京都府京丹後市丹後町にある【 昭恋館 よ志のや 】がおすすめです。この「蟹料理名工」とは、京都府が技能の継承と人材の育成を一層推進するために、「京都府の現代の名工」の称号を授与していて、「蟹料理・現代の名工」の称号を得ています。

蟹料理・現代の名工の味を堪能!

529-1
新たなカニ料理の開発に取り組み、長年の試行錯誤の末に「黄金のスープ」とTVで賞讃された出汁を完成させました。蟹の「洗い」ではない「本当の蟹刺し」を作りだします。 「とにかく間人(たいざ)の新鮮で良質な蟹を食べて欲しい」という思いで、創作した料理と斬新なアイデアが盛り込まれた調理法を探求した間人蟹ブランド料理を確立し、高い評価を得ています。

529-2
新鮮な間人がにのカニみそを炭火焼きにすることで、濃厚な味と風味を引き出し、さらに美味しさを増します。

529-3
炭火焼きしたカニみそを、丹後のAランクコシヒカリのご飯に掛けて食べるという贅沢な食べ方もできます。

529-4
新鮮な間人がには、味わいが濃厚で、熟練の技で茹で上げられた蟹の身はふっくらと膨らみ、甘みを強く感じられます。

529-5
間人がにの身とカニみそをたっぷり使い、間人がにの甲羅で蒸し上げた「よ志のや」の創作料理です。間人がにのエキスが凝縮した逸品です。

529-6
テレビでも絶賛された黄金のスープ(出汁)で食べる蟹すき鍋。出される蟹料理の一品一品、味のバリエーションが違い蟹料理を楽しませてくれます。

529-7
よ志のやで蟹料理を食べるなら外せないのが、かに刺しです。独自の調理法で出される蟹刺しは、多くの美食家も訪れる程。

529-8
寒い時に食べたくなるのが、かに雑炊。間人がにの旨みエキスと美味しい独自の黄金の出汁にコシヒカリを入れて、ふっくらとしたお米とタマゴ、優しく美味しい出汁のかに雑炊は止まらない美味しさ。いくらでも食べることが出来る旨さ。

よ志のや旅館の部屋

529-9
よ志のや旅館の部屋は、和室と和洋室があります。窓からは日本海を臨むことができ、沈みゆく夕日を見れます。

よ志のや旅館の温泉

529-10
アメリカ人の彫刻家がデザインしたという「昭恋の湯」。木をふんだんに使ったお風呂で心やすらぐお風呂です。

529-11
日本海を望むことができる露天風呂です。夕方はここから陽が沈みゆく景色を見れ、当たりがオレンジ色に染まる光景を楽しむことができるかも知れません。また夜は、日本海に出航した船の漁火を見ることができます。

529-12
家族やカップルに人気の貸切露天風呂の「団欒の湯」

かに料理は、蟹の素材を引き出し、最高の食べ方で料理を提供してくれる よ志のや旅館 の「 間人がにフルコースプラン 」がおすすめです。蟹料理だけでなく「 旬の魚盛り 」をプラスしたプランもあります。国内で唯一の「 かに料理名工の宿 よ志のや 」のかに料理を堪能できるプランが用意されています。

関連記事

おすすめ記事

  1. 富士急ハイランドに一番違いホテルで、富士急ハイランドオフィシャルホテルである「 ハイランドリゾートホ…
  2. 1991年のオープン以来、在日家で知られている元フランス大統領のジャック・シラク氏がヒイキにしている…
  3. 宿泊客の満足度がずば抜けて高い超人気宿で、伊豆半島の西海岸沿い位置する土肥(とい)温泉。この温泉地か…
  4. 老舗の雰囲気と料理に賞賛が集まる宿の伊豆・三津浜「 松濤館(しょうとうかん) 」。伊豆半島、駿河湾に…
  5. 富士山の眺めと立地の良さが人気の「 ホテルリゾート&レストラン マースガーデンウッド御殿場 」。20…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

話題をチェック!

  1. 間人がにが食べられる京都の民宿「梅田荘」

    間人漁港が近くにある民宿で、京都のブランドがにを食べることができる民宿「梅田荘」。民宿でも間人蟹(た…
  2. 杉乃井ホテルでボウリングを楽しむ

    「 杉乃井ホテル 」(大分県別府市)にチェックインして子供たちのお目当てであったスギノイボウルでボウ…
  3. 京都で家族で泊まって蟹食べ放題ならレイクフォレスト

    京都府相楽郡にある「 レイクフォレストリゾート 」。高原リゾートで施設がとても充実しており、グルメに…
  4. 札幌雪まつりまで徒歩圏内の札幌東急インホテル

    地下鉄すすきの駅から徒歩1分のところにある立地条件抜群の「 札幌東急イン 」。札幌駅とホテル間は無料…
  5. 城島高原パークのアトラクションで遊ぶ

    城島高原パークの入場料(入園券+のりものパス券)を購入して入園。入場料を支払うときに、割引券を準備し…
ページ上部へ戻る