間人・網野蟹を満喫できる京都の宿|丹後旅の宿 万助楼

京丹後のある宿で、間人(たいざ)がにと網野がにという2大ブランド蟹を満喫することができる「 丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)  」。気配りが細部まで行き届いている素晴らしい宿で、老夫婦の方や両親を連れていく親孝行旅、結婚記念日などに最適なプランがありますのでご紹介します。

丹後の冬の味覚である幻の蟹

630-2
地元丹後で水揚げされる松葉ガニは、品質・味ともに最高級の蟹と言われており、ブランド蟹として有名です。冬の時期が旬で11月6日に漁が解禁となり、幻の蟹である「間人ガニ」「網野ガニ」を食べるために全国から京都にカニ旅行にくる人が多くいます。

というのも、幻の蟹の水揚げ量が少ないため、京都でしかほとんど食べることができないからです。そのため、幻の蟹を食べた人たちは、最高の蟹の味を求めて毎年食べに来るリピーターが多くいます。

間人がに・網野がにが堪能できる食事プラン

630-3
緑のタグがブランド蟹の証。タグが付いたまま料理に出されます。最高の味を堪能することができる「 幻の蟹を食す!間人・網野蟹満喫!【竜宮コース】  」。

630-5
見ての通り、身がたっぷりと詰まっていて、活刺身は締まった身のぷりぷり感を堪能することができます。その身をお鍋の中に入れるとまた違う食感と旨みを愉しむことができます。

630-4
焼ガニは、焼きたてで甲羅の香ばしい香りを愉しむのと、アツアツの内に食べると蟹の旨みを味わえ、甲羅の中にある蟹の汁は濃厚。

630-6
すぐ近くに漁港があり、水揚げされたばかりの幻の蟹を仕入れているので、甲羅焼きのカニみそも絶品。幻の蟹と言われる人がに・網野がにをふんだんに使ったフルコースは、万助楼(まんすけろう)おすすめのプランです。

万助楼の部屋は全てオーシャンビュー

630-7 630-8
部屋は和室を中心としています。記念日などに泊まるのであれば、温泉風呂付和洋室の特別室を利用するのもいいと思います。特別室は角部屋になっていて、日本海をゆっくりと眺めることができます。日本海の波音を聞きながらのんびりくつろぐことができます。

天然温泉「浅茂川浦島温泉」

630-9
良質な浦島温泉は、肌に優しい温泉で疲れを癒してくれます。

丹後旅の宿 万助楼は、温かな雰囲気で出迎えてくれ清潔感のある宿と好評です。宿に泊まった人の口コミや評判で泊まりにくるお客様も多くおり、泊まったお客様は気配りと心配りのサービスの高さに素敵な時間を過ごすことができるとの声が多数あります。

丹後旅の宿 万助楼(まんすけろう)  」は、外観はちょっと古い印象を受けますが、管内はとても綺麗で静かで行き届いたサービスを受けることがあります。ゆっくりと特別な時間を過ごせて、「 幻の蟹を堪能できるプラン 」で冬の味覚を堪能し、雄大な日本海の景色を見ながら寛げます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 富士急ハイランドに一番違いホテルで、富士急ハイランドオフィシャルホテルである「 ハイランドリゾートホ…
  2. 1991年のオープン以来、在日家で知られている元フランス大統領のジャック・シラク氏がヒイキにしている…
  3. 宿泊客の満足度がずば抜けて高い超人気宿で、伊豆半島の西海岸沿い位置する土肥(とい)温泉。この温泉地か…
  4. 老舗の雰囲気と料理に賞賛が集まる宿の伊豆・三津浜「 松濤館(しょうとうかん) 」。伊豆半島、駿河湾に…
  5. 富士山の眺めと立地の良さが人気の「 ホテルリゾート&レストラン マースガーデンウッド御殿場 」。20…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

話題をチェック!

  1. 全室離れで露天風呂付き!個室でのんびりできる竹楽亭

    熊本県の南阿蘇俵山温泉にある全室離れで、露天風呂付き二間の客室、さらに部屋食なので、他の人に気兼ねな…
  2. 毎朝手作りのゆば料理が自慢のゆば懐石・山翠楼

    湯河原の絶景を独り占め、圧巻の眺めが評判の絶景露天風呂を堪能できる昭和8年創業の高級料亭旅館の「 ゆ…
  3. カニ旅行で丹後に行くなら炭平旅館で幻の間人(たいざ)ガニを堪能

    この冬は、ちょっと贅沢に京都の幻のカニと言われている間人(たいざ)がにを食べに行ってみようと思ってい…
  4. ルスツスキー場の宿泊は徒歩0分のルスツリゾートホテルがおすすめ

    ルスツスキー場は、海外からもスキーを楽しみに来る人が多い程、良質な雪質と多彩なコースが魅力です。新千…
  5. 別府温泉への女子旅に人気の宿「眺望の宿 しおり」

    大分県の別府温泉の中でも場所がわかりにくく、隠れ家的な「 眺望の宿 しおり 」。創作料理とお風呂が素…
ページ上部へ戻る